栃木県を中心に花と自然を求めて歩き回っています。 地域の情報交換が出来れば幸いです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
吉見町のコミミズク
吉見町のコミミズク
吉見町に有る「コミミズクの生息地」の風景です。
吉見総合運動公園周辺の生息地で、
午後に活動するため午後3時から5時まで見て来ました。
3~4羽いるそうですが、この日は1羽の周りを33人の
カメラマンが囲んで撮っていました。
車の№を見たら長野県、新潟県、群馬県も有りました。
住所:埼玉県比企郡吉見町今泉141(公園管理事務所)
(撮影:2012年1月28日)
スポンサーサイト
page top
武蔵森林公園の冬
武蔵森林公園
滑川町に有る「国営武蔵丘陵森林公園」の冬に咲く福寿草です。
20輪位しか咲いていませんでした。
南口から入り花木園の福寿草とロウバイを中心に見て来ました。
紅梅、ロウバイ、福寿草、椿とも開花が遅れていました。
開園時間:3月1日 ~ 10月31日 9:30 ~ 17:00
休園日:年末年始(12月31日・1月1日) 1月の第3・4月曜日
入園料:(大人) 400円 (小人) 80円
駐車料:(普通) 600円(南口前の民間は 200円)
住所:埼玉県比企郡滑川町山田1920
(撮影:2012年1月28日)
page top
川島町の白鳥
川島町の白鳥
川島町の越辺川に飛来してる白鳥です。
今回は富士山は見えませんでしたが、青空に沢山
飛んでいました。
住所:埼玉県川島町
(撮影2012年1月28日)
page top
権現堂のスイセン
権現堂のスイセン
幸手市に有る「権現堂のスイセン」です。
見頃になってるはずでしたが、厳しい寒さが続き
花が倒れてるのが多く綺麗では有りませんでした。
第3回幸手 水仙まつり:2012年1月7日~2月12日
(撮影:2012年1月28日)
page top
桜町陣屋
桜町陣屋
真岡市に有る「桜町陣屋」跡です。
小田原市出身の二宮尊徳が荒廃した村の復興のため
用水路や堰や橋の改修を行った時代の家の復元です。(1823年)
近くに二宮神社と二宮尊徳資料館が有ります。
資料館では小田原時代を金次郎、桜町陣屋からは尊徳と
呼んでるそうです。

二宮尊徳は小田原藩主の大久保忠真公の命により、
野州桜町(真岡市の一部)の復興のため 1823年に
桜町陣屋に赴任し、用水路や堰や橋の改修を行った。
『至誠」「勤労」「分度」「推譲」の四つの教えは、天保の大飢饉にも
生かされ、多くの人を救済しました。
「大自然の恵みに感謝しながら、自分が信じたことを力いっぱい行うことが
本当に豊かな社会を作り上げる」というこの教えは、全国600を超える
貧しい郡村の建て直しを成功させる例になりました。

開館時間:午前9時から午後4時30分
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)祝翌日(土日の場合は開館)
    年末年始(12月28日から1月4日)
入館料:無料
住所:真岡市物井2013-2
(撮影2012年1月12日)
page top
ろまんちっく村
ろまんちっく村
宇都宮市に有る「ろまんちっく村」に咲く黄花節分草です。
春を感じさせる好みの花です。
フラワードームのフラワーマーケットに有りました。

宇都宮市の市制施行100周年記念・農政事業の一環として農林業の振興、
地域の活性化、市民の余暇活動の充実を目的に事業化され、
1996年9月14日開園しました。
開園時より入場者が減ってしまいましたが、今年の9月から「道の駅」
として供用されるそうです。

開園時間:午前9時~午後6時(冬季:11/1~3/20頃までは午後5時まで)
但し、レストラン・湯処あぐり・アグリスパは午後9時まで営業。
入場料:無料(湯処あぐり、アグリスパ、ドッグラン、体験アクティビティなど有料)
休園日:毎月第2火曜日(祝日の場合は翌日) 
住所:栃木県宇都宮市新里町丙254番地(宇都宮市農林公園内)
(撮影:2012年1月21日)
page top
笠石神社
笠石神社
大田原市に有る「笠石神社」です。
国道294号線を通る時に、国宝の「那須国造碑」(なすのくにのみやつこのひ)が
有るり気になっていたので寄って来ました。
国宝の拝観をお願いすると約20分間解説が有りました。
2010年指定分の国宝は1082件(建造物216件、美術工芸品866件)有って
古文書に分類されるそうです。(撮影禁止)
国造(くにのみやつこ)とは郡長のことで、この国造碑は当時の郡長の功績を称えた
文の書いてあるお墓だそうです。
那須国造碑とは古碑(飛鳥時代)で、国宝に指定されている。
書道史の上から多賀城碑、多胡碑と並ぶ日本三大古碑の1つとされる。
碑身と笠石は花崗岩で、19字×8行=152字の碑文が刻まれている。
(案内板)
 この碑は、今から約1300年前(西暦700年)、那須国造であった那須直韋提の遺徳をたたえるため、
その息子意斯麻呂らによって建立された碑です。文字の刻まれた碑の上に笠状の石を載せた特異な形を
していることから、この地域では「笠石さま」とも呼ばれています。
碑には、八行に各十九字ずつの計百五十二字が刻まれており、その書体には中国の六朝時代の書風が
感じられます。
また、碑文冒頭には「永昌」という唐の則天武后の時代に使用された年号が用いられているなど、
その当時に朝鮮半島の新羅から渡来してきた人々の影響が色濃く残されています。
この碑の保存には、江戸時代の水戸藩主、徳川光圀も関わっています。永井間倒れ埋もれていたこの碑を、
旅の僧が発見し、馬頭村小口郷(旧馬頭町)の里正、大金重貞に話したところ、やがてその地域を領地
としていた徳川光圀のもとへこの碑の話が伝えられました。
そして、この碑が貴重なものであることがわかったことから、元禄四年(1691)碑堂を建立して、
碑を安置しました。これが、現在の笠石神社となっています。
なお、多賀城碑(宮城県)・多胡碑(群馬県)とともに日本三古碑として知られています。

祭神:那須国造直韋提(くにのみやつこあたへいで)
拝観料:500円
住所:栃木県大田原市湯津上430
(撮影:2012年1月15日)
page top
東野鉄道廃線跡
東野鉄道廃線跡
那須地区に有る「東野鉄道の廃線跡」の風景で、
写真は乃木神社前駅の復元です。
東野鉄道は1918年(大正7年)4月17日に西那須野~黒羽間、
1924年(大正13年)12月6日に黒羽~那須小川間が開通しましたが、
日中戦争後の不況で黒羽ー那須小川間は1939年には廃止されました。
西那須野ー黒羽間も、輸送量の低下や災害により1968年に廃止されました。
駅:西那須野駅ー乃木神社前駅ー大高前駅ー大田原駅ー中田原駅ー金丸原駅ー
白旗城跡前駅ー黒羽駅ー狭原駅ー湯津上駅ー笠石前駅ー佐良土駅ー那須小川駅
地元の方々に聞きながら巡ってきました。
住所:栃木県 那須塩原市、大田原市、那珂川町
(撮影:2012年1月15日)
page top
はやぶさ
はやぶさ
那須塩原駅で見た、東北新幹線の「はやぶさ」です。
東北新幹線には山形新幹線と秋田新幹線の車両が走ってるので
列車名は複雑で、良く分かりませんがこの車両だけは直ぐに
分かりました。
東京駅と新青森駅を2011年3月5日から 320km/hで運行する(開始時は300km/h)
特急列車(E5系電車)です。(はやて、やまびこは275km/h)

宇都宮駅でも見られますが、那須塩原駅ならではの他の車両を
見たくて行きました。
でも高速連写の機能の付いた、カシオのコンパクトカメラでないと
撮れないのが分かりました。(場所が撮影しにくい)
駐車場:最初の1時間無料、その後1時間毎に 100円
入場券:140円/1時間半以内
住所:栃木県那須塩原市大原間
(撮影:2012年1月15日)
page top
片田の白鳥
片田の白鳥
大田原市の那珂川に飛来してる「片田の白鳥」です。
コハクチョウが 60羽いました。
一昨年と去年は少なかったですが、今年は戻ってきました。
片田ポッポ農園の近くです。(旧黒羽町)
住所:栃木県大田原市片田(湯殿大橋下流約 200mの那珂川)
(撮影:2012年1月14日)
page top
羽田田圃の白鳥
羽田田圃の白鳥
大田原市に有る白鳥の越冬地「羽田沼近くの田圃の白鳥たち」です。
今日現在オオハクチョウが 20羽飛来しています。
田圃は写真家でも有る藤田さん宅の70アールに水を入れています。
画像は人が来て一斉に飛び立ったところです。
住所:栃木県大田原市羽田
撮影日:2012年1月14日
page top
とちぎ蘭展
とちぎ蘭展
宇都宮市で行われてる「第40回とちぎ蘭展&バラとガーデニングフェスタ」での
入賞作品です。(栃木県知事賞、栃木県議会議長賞、宇都宮市長賞)
県内の生産農家や団体が出展した、約500種類3万鉢の蘭が有ります。
期間:20012年1月18日~1月23日(1月は休まず営業)
会場:FKDショッピングモール宇都宮インターパーク店2階大催事会場
開店時間:10:00~20:00(最終日は16:00まで)
入場料:無料
住所:宇都宮市 インターパーク 6-1-1
(撮影:2012年1月19日)
page top
羽田沼の白鳥
羽田沼の白鳥
大田原市に有る「羽田沼の白鳥」です。
朝、30羽しかいませんでしたが、お昼には100羽位
来ていました。
撮影:2012年1月14日
page top
真岡・浪漫ひな飾り
真岡・浪漫雛飾り
真岡市で行われた、第三章「真岡・浪漫ひな飾り」の風景です。
真岡市久保講堂(国登録文化財)を主会場に開催されてます。
(去年までの会場の、岡部記念館「金鈴荘」は東日本大震災で破損したため)
各家庭で愛されたお雛様を中心に展示されてます。(今年は年代物は無し)
期日:2012年(平成24年)1月2日~1月22日、
後半の2月2日~3月4日は吊るし雛が飾られます。
午前10時~午後4時
場所:真岡市久保講堂
入館料 無料
休館日 毎週火曜日 ※1月3日、2月28日は除く
駐車場:大型車も有り(無料)
(撮影:2012年1月12日)
page top
ダイヤモンド筑波山
ダイヤモンド筑波山
結城市北部から見た「ダイヤモンド筑波山」の風景です。
筑波山は女体山(877m)と男体山(871m)の二つの峰が有って「結城ガーデン」から見ると
毎年1月12日7時5分に峰の間からの日の出が見られます。
結城筑波の日の出を見る会に参加して見て来ました。
筑波山は万葉集にも詠まれ、日本百名山、日本百景の一つに挙げられています。
百名山のなかでは最も標高が低い山です。
結城市方面から見ると富士山のように美しい形をしていています。
住所:茨城県結城市結城12389番地(割烹のやど結城ガーデン)
(撮影:2012年1月12日)
page top
月待の滝
月待の滝
大子町に有る氷結した「月待の滝」です。
久慈川の支流の大生瀬川に有り、高さ15m、幅10mの滝です。
滝の裏側に入れる裏見滝で、安産などを祈願していたそうです。
住所:茨城県久慈郡大子町川山嵯峨草1369-1(もみじ苑)
(撮影:2012年1月8日)
page top
袋田の滝の冬
袋田の滝の冬
大子町に有る日本三名瀑の「袋田の滝」です。
高さ120m、幅73mの滝で、氷瀑祭りが行われています。
8割位氷結していました。(例年1月中旬~下旬)
住所:茨城県久慈郡大子町袋田
(撮影:2012年1月8日)
page top
ろうばいの郷
ろうばいの郷
安中市に有る「ろうばいの郷」の花の風景です。
広さ 3.2haに 1,200株の蝋梅が植えられています。
今年は開花が遅れてまだ2~3分咲き位でした。
木が大きくなり枝も増えて妙義山が入らなくなっています。
開花時期:12月下旬~2月下旬
入場料:大人 300円
住所:群馬県安中市松井田町大字上増田
(撮影:2012年1月7日)
page top
白鳥飛来地川本
白鳥飛来地川本
深谷市に有る「白鳥飛来地 川本」の冬の風景です。
コハクチョウが約 30羽いました。
餌やりをやめてから大幅に減っています。
飛来地から離れた所の旧国道140号線の橋の下にもいました。
住所:埼玉県深谷市川本(荒川河川敷)
(撮影:2012年1月7日)
page top
川島町白鳥飛来地
川島町白鳥飛来地
川島町に有る「川島町白鳥飛来地」の白鳥と富士山の風景です。
越辺川で越冬している白鳥たちで、
コハクチョウを中心に約 148羽の白鳥がいます。
見頃:11月下旬~4月上旬
場所:八幡団地先 越辺川河川敷
住所:埼玉県川島町八幡5-10-39(駐車場)
(撮影:2012年1月7日)
page top
本埜白鳥の郷
本埜白鳥の郷
印西市に有る「本埜白鳥の郷」の風景です。
以前から行きたい場所でした。
小さな田圃に沢山の白鳥が飛び交っていました。
利根川と印旛沼の水系に育まれた 旧本埜村の水田地帯で、
1992年に潅漑用の水路工事のため、一時的な貯水場とした水田に
6羽のコハクチョウが水辺を見つけて飛来し、白鳥を守る会の方々が、
餌付けに成功し毎年飛来数は増え1,000羽超えの年もあるそうです。
今日は 859羽の白鳥がいました。(オオハクチョウ、コハクチョウ)
見頃:11月中旬~3月下旬
住所:千葉県印西市笠神(旧本埜村)
(撮影:2012年1月4日)
page top
菅生沼の白鳥
菅生沼の白鳥
常総市と坂東市に有る「菅生沼」(すがおぬま)の白鳥の風景です。
南北に延びる菅生沼に、北から江川と飯沼川の 2本の川が流入しています。
幅は上流(河川と湿地帯)で 200~300m、下流(湿地帯)では 400~500m。
今日は上沼にコハクチョウを中心に約 300羽の白鳥がいました。
(オオハクチョウは2羽確認)下沼は入園料300円
見頃:11月下旬~4月上旬
住所:茨城県常総市(旧水海道市)と坂東市(旧岩井市)
(撮影:2012年1月4日)
page top
クリロとアザレア展
クリロとアザレア展
とちぎ花センターで行われてる「クリスマスローズとアザレア展」
からアザレアの花です。
花の少ない時期に室内とはいえ華やかに見られるのは
嬉しいです。
人気のクリスマスローズとアザレア、スイセン等の早春の花が見られます。
期間:2012年1月2日~2月26日
開園時間:9時から17時まで
休園日:毎週月曜日(休日の場合は翌日)
観賞大温室入館料:大人:400円、小人:200円(入園は無料)  
住所:下都賀郡岩船町下津原1612
(撮影:2011年1月3日)

page top
あしかがフラワーパークの冬
あしかがフラワーパークの冬
足利市に有る「あしかがフラワーパーク」の冬の
冬囲いした冬牡丹の花です。(150個有ります)
開園時間:(10/31~1/24)昼 10:00~15:00/夜 15:30~21:00(土日祝は21:30)
光の花の庭期間以外は9:00~18:00(1~2月10:00~17:00)  
休園日:12月31日
入園料:大人 300円(夜 15:30~は600円)
住所:栃木県足利市迫間町607
(撮影:2012年1月3日)
page top
東武特急スペーシア
東武特急スペーシア
栃木県を走る「東武日光線の特急電車」スペーシアの新しい色です。
スペーシアの色は2011年12月29日から東京スカイツリーの江戸紫の「雅」と
その後淡いブルーの「粋」の2種類に従来までのオレンジ系の3色になります。
3色ともヒューチャーブルーのライン入り。
住所:栃木県鹿沼市
撮影日:2011年12月31日
page top
上永野蝋梅の里
上永野蝋梅の里
鹿沼市に有る「上永野 蝋梅の里」(ろうばいのさと)には、
600株の蝋梅が植栽され、木も大きくなってきました。
品種:日本最多の4種が見られます(原種、基本種、素心、満月)
開花時期:満月11月下~3月、素心12月~3月、基本種1月~3月、原種2月~3月
今年は開花が20日位遅れていてまだ1分咲き位でした。(3日前に葉が落ちたばかり)
開園日時:2012年1月4日(9時30分~16時30分)
入園料:300円
住所:栃木県鹿沼市上永野273(栃木市星野町から西へ4km 永野小裏)
連絡先:090-1124-2281(大貫)
(撮影:2011年12月31日)
page top
大鏡餅奉納式
大鏡餅奉納式
高根沢町に有る、安住神社で行われた「大鏡餅奉納式」です。
米俵八俵分、総重量500kgの大鏡餅です。
その日についたお餅は参加者に振舞われます。
日時:12月30日、10時~
住所:栃木県塩谷郡高根沢町上高根沢2313
(撮影:2011年12月30日)
page top
日光だいや川公園の冬
日光だいや川公園の冬
日光市に有る「日光だいや川公園」から見た冬の女峰山の風景です。
この時期花は殆ど咲いていませんが、
天気が良く日光連山が良く見えたので山を中心に見て来ました。
場所:栃木県日光市瀬川844
(撮影:2011年12月28日)
page top
奥日光の冬
奥日光の冬
奥日光の冬の湯滝の上側の飛沫氷です。
雪景色を見に行きましたが、今年は雪は少なかったです。
湯ノ湖は半分位凍結していました。
住所:栃木県日光市湯元
(撮影:2011年12月28日)
page top
花ちょう遊館
花ちょう遊館
井頭公園の、花ちょう遊館で咲いていた「ヒダカハナシノブ」です。
可憐なやさしい感じのする花です。
「黄金のサナギのクリスマスツリー」も行われていました。
(熱帯生態館と高山植物館が有ります)
黄金のサナギのツリー期間:2011年11月23日~2011年12月25日
休館日:毎週火曜日(祝祭日のときは翌日)12/29~1/1
開館時間:3月~9月(午前9時半~午後4時半)10月~2月(~午後4時)
入場料:大人 400円、高校・中学・小学生 200円
住所:栃木県真岡市下籠谷99
(撮影:2011年12月25日)
© 花旅. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。