栃木県を中心に花と自然を求めて歩き回っています。 地域の情報交換が出来れば幸いです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
かんぴょう伝来300年
かんぴょう伝来300年
壬生町で行われた「とちぎ かんぴょう伝来300年記念大会」での
かんぴょうむきの様子です。
栃木県にかんぴょうが伝わったのは、近江国水口藩(現在の滋賀県甲賀市)から
下野国壬生藩(栃木県下都賀郡壬生町)に国替えになった鳥居忠英(とりいただてる)(壬生藩主)が、
水口藩からかんぴょうの種子を取り寄せ、壬生藩の藤井地区で1712年に試作させたことが始まりで、
今年で300年になります。
時間:9:30~16:00
会場:壬生町城址公園、壬生中央公民館
住所:栃木県下都賀郡壬生町本丸1-8-33
(撮影:2012年8月4日)
スポンサーサイト
© 花旅. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。