栃木県を中心に花と自然を求めて歩き回っています。 地域の情報交換が出来れば幸いです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
市の堀用水
市の堀用水
塩谷町から真岡市に流れる「市の堀用水」の取水口の風景です。
宇都宮藩高根沢の桑窪、柏崎村、現飯室周辺は、水不足で開田も
難しかったため、鬼怒川からの用水路を計画し、10年の歳月をかけて
明暦2年(1656)に完成しました。
大正8年(1919)には芳賀郡まで用水路が延長されました。
昭和37年(1962)に塩谷町に建設された、佐貫頭首工によって鬼怒川から取水し、
松川を経て旧市の堀用水路に流入し、さくら市、高根沢町、
芳賀町、市貝町、真岡市の穀倉地帯をうるおす大用水路です。

貿易の自由化で競争力の無い農林業への影響が心配されて
いますが、自由化をしないと工業の競争力も無くなってしまい、
日本はだめになってしまいます。
日本にとっては第2の黒船が来たような大きな変化が起きそうです。
場所:栃木県塩谷町~真岡市
(撮影:2010年12月19日)
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 花旅. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。