栃木県を中心に花と自然を求めて歩き回っています。 地域の情報交換が出来れば幸いです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ハゴロモ ルコウソウ
ハゴロモ ルコウソウ
職場に咲く初めて見た花で(職場の花好きな女性が持って来た)
ハゴロモ ルコウソウ(羽衣縷紅草、種苗屋の品目:るこう朝顔)という
真っ赤な五角形の花です。
品種を聞くとチョウセンアサガオと言ってましたが、全く違うので
花の本とネットで調べました。
ルコウソウとマルバルコウソウの交配種で、深い切れ込みの入った羽衣状の葉に、
花径2cmほどの小さく色鮮やかな赤い花を咲かせる、つる性草花です。
(別名:モミジバルコウソウ、大輪るこう草、るこう朝顔)
垣根や日よけに向くほか、つり鉢やあんどん仕立ての鉢植えにもできます。
熱帯アメリカ原産の春まき1年草です。
朝の内は星型で少しずつ五角形になります。花が終わる頃は丸みを帯びる。

☆ルコウソウ(縷紅草)は、ヒルガオ科サツマイモ属の非耐寒性つる性多年草。
葉は細く糸状で、花は星型で直径2cmほど。
花色は白色、赤色、桃色などが一般的。
☆マルバルコウソウは、葉はハート形で、花は五角形
(撮影:2011年8月5日)
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 花旅. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。