栃木県を中心に花と自然を求めて歩き回っています。 地域の情報交換が出来れば幸いです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
東海寺のユリ
東海寺のユリ
宇都宮市に有る「東海寺」に咲くタカサゴユリの花です。
タカサゴユリは台湾原産ですが、境内に自然に生えて猪対策をしたら
ここ数年で増えてきたそうです。ざっと数えて150株以上有りました。
先週、篠井金山を調べに行ったらユリの蕾が沢山あり、そろそろ
咲き出してるのではと思い、小雨の降る中、見て来ました。
見頃:8月中旬~8月下旬
東海寺は、寛喜2年(1230年)に建立した真言宗智山派の寺院で、
篠井金山の奉行所が有りました。
1460年から1467年(室町時代)に常陸の佐竹氏が金山奉行に命じて
篠井金山を開発し 虚空蔵菩薩像を奉安、佐竹氏本拠地の常陸国太平洋沿岸地域が
「東海」と称されていたことから、 「東海寺」と改名したと言われています。
当寺の北方約8kmの位置には空海(弘法大師)所縁の別院・佐貫観音院が有ります。
☆住職から篠井金山と佐貫観音院が別院になった経緯やタカサゴユリの事を
教えて頂きました。
住所:栃木県宇都宮市篠井町827
(撮影:2011年8月23日)
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 花旅. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。