栃木県を中心に花と自然を求めて歩き回っています。 地域の情報交換が出来れば幸いです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
古代蓮の里
古代蓮の里
行田市に有る「古代蓮の里」の展望タワーから見た「田んぼ絵」です。
「田んぼ絵」は水田に色彩の異なる複数の稲を植え、文字や図柄等を表現します。
今年で5年目を迎え、日本最大の面積(2.8ha)になりました。
ギネスワールドレコーズ認定(世界一)を目指しているそうです。
展望台の高さ50mからの眺めです。
左から石田三成と丸墓山、のぼり、成田長親と忍城で
色の稲は黄「黄大黒」古代種、白「白いかがやき」彩のかがやきの変異種、
黒「紫905」古代種です。

ガラスに反射してしまい、18mmのレンズでも全景が撮れませんでした。
開館時間:9:00~16:30(受付16:00まで)
蓮の開花期(6月下旬から8月上旬まで)は7:00~16:30(受付16:00まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は営業)、祝日の翌日(土および日曜日の場合は営業)、年末年始
蓮の開花期(6月下旬~8月上旬)は無休で営業。
入館料:大人(高校生以上):400円、小人(小・中学生):200円(駐車場支払い者は入館料半額)
田んぼ絵の見頃:7月上旬~9月上旬

広さは14haで、行田蓮を含めて世界の花蓮が42種類10万株有ります。
見頃になっていました。
蓮の開花期間:6月下旬~8月上旬
入園料:無料
駐車料金:期間中は、5:00~14:00の間、普通車 500円

住所:埼玉県行田市大字小針2375番地
撮影日:2012年7月22日
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 花旅. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。